プチプラファッション通販サイトのアクアガレージが洋服に関するアレコレを発信しています。
洋服のことで何か困ったことや気になることがあった時...ここに来れば何かヒントが見つかるかも。

静電気の起こりやすいコーディネートって?

なぜ静電気は起こるの?

静電気は、異なる素材でできた衣類がこすれることで発生します。衣類と衣類がこすれると、一方はプラス、もう一方はマイナスの電気を帯びることがあります。これを「帯電」といい、帯電している衣類から静電気が「放電」されることにより「パチパチ」という現象が起こるのです。

素材のプラスマイナス帯電列

プラスに帯電しやすい素材と、マイナスに帯電しやすい素材がこすれると静電気が起こる!

衣類は様々な種類の素材からできていますが、素材によってプラスの電気を帯びやすいものと、マイナスの電気を帯びやすいものとがあります。プラス素材とマイナス素材がこすれあったときに静電気が発生しやすくなります。

同じ性質の電気を帯電する素材同士なら、静電気は発生しにくい。

プラスとプラス、マイナスとマイナスのように、同じ性質の電気を帯電する素材ならこすれあっても静電気は発生しにくくなります。また、もともと帯電しにくい綿や麻などの素材は、こすれあっても静電気は発生しません。

コーディネート
– COORDINATE –

静電気は重ね着する衣類の組み合わせによって発生する場合もあり、発生のしやすさは素材と関係しています。静電気が発生しやすい組み合わせと、発生しにくい組み合わせをおさえておくと、静電気が気になる時期も快適にオシャレを楽しめます。